fc2ブログ

ツアー2日目(寄り道編)

ちょっとした自慢話
DSC_3322.jpg





Welcomeぴんくモッチーです。いつもご覧いただきましてありがとうございます。




ツアーご報告も最終章になってきました~
そんな中で、自慢話にお付き合いしてくださいね~
西伊豆周辺をバスは順調に走らせていました。

その時、ガイドさんから「みなさま~左手をご覧くださいませ」の声が
続いて「間もなく加山雄三さんの光進丸が見ることが出来ると思います」???

DSC_3458.jpgDSC_3454.jpg

みんな、一斉にスタンバイして!バスの中はコンサート会場化?
そこに加山さんが登場するのではないかと思わせるほどの、ちょっとしたパニックに!
どこ?あっ!見えたぁ~ぴんくモッチーも、バッチリ一枚頂きましたよー。

直ぐ近くの堂ヶ島に加山雄三ミュージアムがあり、伊豆最大級のお土産売場に3000ほどがずらりレストランゾーンでも堂ヶ島の海を眺めながら味覚を存分に楽しめるそうですよー。
機会がありましたら、お邪魔してみたいなぁ~。

ドライバーさんは何事も無かったかのようなハンドルさばきです。
車内も一瞬で騒ぎは静まり~
ガイドさんも、『唐人お吉』を静々と、時には歌声も交えながら語り始めていました

初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスが玉泉寺の領事館で精力的に日米外交を行っている最中慣れない異国暮らしからか体調を崩し床に臥せってしまいました。

困ったハリスの通訳ヘンリー・ヒュースケンはハリスの世話をする日本人看護婦の
斡旋を地元の役人に依頼する。しかし、当時の日本人には看護婦の概念がよく解らず
妾の斡旋依頼だと誤解してしまう。そこで候補に挙がったのがお吉だった。

当時の大多数の日本人は外国人に偏見を持ち、外国人に身を任せることを恥とする風潮があったため幼馴染の婚約者がいたお吉は固辞したが、幕府役人の執拗な説得に折れてハリスのもとへ赴くことに

当初、人々はお吉に対して同情的だったが、お吉の羽振りが良くなっていくにつれて次第に嫉妬と侮蔑の目を向けるようになる。

ハリスの容態が回復した3か月後の8月、お吉は解雇され再び芸者となるが人々の冷たい視線は変わらぬままであった。この頃から彼女は酒色に耽るようになる。

中略。最期は~安直楼(静岡県下田市)慶応3年芸者を辞め幼馴染の大工・鶴松と横浜で同棲する。その3年後に下田に戻り髪結業を営み始めるが周囲の偏見もあり店の経営は

思わしくなくてますます酒に溺れるようになりそのため元婚約者と同棲を解消し、芸者業に戻り三島を経て再び下田に戻った。お吉を哀れんだ船主の後援で小料理屋「安直楼(あんちょくろう)」を開くが既にアルコール依存症となっていたお吉は年中酒の匂いを漂わせ、度々酔って暴れるなどで2年で廃業することになる。

その後数年間、物乞いを続けた後、明治23年3月稲生沢川門栗ヶ淵に身投げをして自殺したそうです。満48歳の若さでした。

その後、稲生沢川から引き上げられたお吉の遺体を人々は「汚らわしい」と蔑み斎藤家の菩提寺も埋葬を拒否した為、河川敷に3日も捨て置かれるなど下田の人間は死後もお吉に冷たく、哀れに思った下田宝福寺の住職が境内の一角に葬るが
後にこの住職もお吉を勝手に弔ったとして周囲から迫害を受け、下田を去る事となったそうです.....

なんとも、悲しすぎるお吉の生涯を聴くことが出来たことがとても、とても有意義でしたー。
流石スペシャリスト、はとバスのガイドさんだからこそでしたねー。

みなさまにも、旅のお裾分け!ご紹介させていただきました~

予定していました、三保の松原(世界遺産富士山&なすび総本店のランチ模様はこのあとです。お楽しみに待っていてくださいね~


最後まで見てくださってありがとうございました。
みなさまにとって、明日も穏やかな日でありますように


では、ごきげんよう
スポンサーサイト



Category: プチ旅

コメント

バスガイドさんの解説付きなんですね!
それはいいですよね!!
やっぱり解説してくださると
へぇ~~~って知識が増えますよね!!

プチトマトと大きなトマトのカロリーの違い
全く知らなかったので驚きました
ありがとうございました!!

2014/05/03 (Sat) 08:10 | マルチ君の母 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

おはようございますm(_ _)m

その土地で、聴くのは、衝撃的な記憶になっていいものですねー。
小説から遠ざかっていて~語り伝えは良いです。

プチトマトこれから、益々美味しくなってきますので
今はオールシーズンですねー。(笑)

でも、太陽を一杯浴びたトマトは一味ちがうでしょうねー。
すくすく育っていますか?
愛おしいですよねー。また、続報まっていますねー。\(*´▽`*)/

2014/05/03 (Sat) 09:18 | ぴんくモッチー #- | URL | 編集

ぴんくモッチーさんへ
曲は知っていますが、これが光進丸なんだ。
旅行もガイドさんの説明やお話しで盛り上がりますね。
しかし、悲しいお話しですね。

2014/05/03 (Sat) 23:23 | ミルパパママ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ミルパパママさんへ

> 曲は知っていますが、これが光進丸なんだ。
近くで見ると、大きいそうですよ~。

> 旅行もガイドさんの説明やお話しで盛り上がりますね。
> しかし、悲しいお話しですね。

静岡って歴史上人物や、風光明媚な環境や、産物も豊富だし
なんといっても、富士山があるっていうのは、ずるいですよねー。

でも!わざわざ行くから、意義があるのかも?
たまには、贅沢させていただきましたm(_ _)m

2014/05/04 (Sun) 00:56 | ぴんくモッチー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する