スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今どきの美容室ってどう?

シャンプーの達人




2017-03-01 014

花冷えですねー
桜の魅力は天候など無関係でしたねー
桜咲くところには、雨でも眺める人がいるのが不思議な魅力ですねー

唐突ですが~
今日は誰もが興味を持ってる「美容室」
について呟いてみました

そもそも「美容室」という所は
黙って寝かせてくれるところって
個人的には抱いていました

イマドキの美容室って!
お客様の方がスタイリストさんにお話を合わせて
逆に気を使わせているという風に思うのはワタシだけ?

気が付けば普段関心が薄い話題にも作り笑顔で参加しちゃって
鏡の中に満面の笑顔のワタシがいましたね
ほほほほほーーー。

美容室と言えば
シャンプー台に横たわってるときが至福の時
唯一お客さまが自分でできるものだけれど
わざわざ、お金を払って洗ってもらうのだから
きちんと洗って頂かなきゃ一流美容師とは言えないわねー

昔はシャンプーの上手な子沢山いましたね
専門で何年もやっていましたがー

今ではシャンプーが上手い人
悲しいことに少なくなったと思いません?

男性にシャンプーして頂いたとき
手が大きくて、さぞかし気持ちが良いんじゃない?

ところが、まず軽くお湯のなかで髪を濡らして
シャンプーをやり始めると痛くて痛くて
きっと私の髪の毛が痛んでるせいだわ
と思ってガマンしたという辛い経験もありましたねー

ワタシの住んでる吉祥寺に救世主が!
カラーリング(白髪染め)に特化した
美容室がオープンしましてねー

何度かお邪魔してカラーリングをしていただいています

ある程度年齢を重ねると、自然現象で白髪は受け入れなきゃならないし、この先ながーいお付きあいになるのです。

カラーリング&シャンプーでホットペッパーから予約するとポイントがついて

従来形の美容室での価格に比べ
破格のお値段から更に割引もされるんです

染まり具合にも何ら問題もありませんよー
技術面でも、お値段以上の価値があるのです

最初に対応してくれた人が凄くシャンプーが上手だったので
毎回、同じ人に合わないかしら
そんなふうに思っていたら、以心伝心でしょうか

今日は大当たりでした!
シャンプー台での会話、「私が初めてお邪魔したとき担当してくださいましたねー」とワタシ

「覚えて下さってたのですねー 
私が居るときは担当させていただきますからね」

そうそう特化した美容室の最大のウイークポイントは仕上げのブローが無い事ですが

その日は珍しくお客様が私が最後だったので
「お手伝いさせていただきます」と
ブローまでやって頂きラッキーでした

シャンプーを丁寧にされてる所はちゃんと接客もいいですし
技術的にもいいと思います・・そういう美容室ってブランド店ではないですねー

今日の美容師さんに感謝!感謝!!!
3240円でカラーリング&ブローつきでした

私、二か所の美容室に通っています
カラーリングは特化したお店で。

その他メニューは「ビビアン」さんという名の美容室で。

これまで様々の美容室に通っていましたが
お気に入りのスタイリストさんは外国に異動になったり、国内でも異動先にまでは通いきれないケースや、様々の事情により

イロイロ迷って探した結果、家から5分以内の美容室を発見

男性二人だけだけど感じ良さそう
あるひ、勇気を出してドアを開けてみた

その後私のスタイリストさんになって
それ以来我儘も聞いてくれて

しかも5歳以上若く見せるテクニックを身に着けてくれるので 笑

地元の吉祥寺には有名美容室の本店が多柄なのか
美容室激戦区と言われているそうですが
今は美容室では悩むことがなく過ごせています

幾つになっても「美」と名がついてるものは女性が追求したくなります
高齢者になればお金をかけなくてもそこそこ身だしなみが大切です
娘や孫ちゃんたちに、綺麗と言われたいですからねー

では、またーあしたお会いしましょうねー




スポンサーサイト
Category: お気に入り

コメント

No title

ぴんくモッチーさんへ
最近仕事が忙しくなり、終わる時間も遅くなったので中々行けなくて、
主婦にとって贅沢に自分だけに時間がかけれる時ですものね。
お客様に満足頂いてこそ、接客業の極みですものね。
私はとにかく切ってくれれば、最終的には伸びてしまって同じ髪形になるので
何にも文句は言いませんが、もう年も年なのでそろそろゆっくり出来る
時間を作らなきゃと思いますが、難しいなぁー。
座れば似合うような髪型にしてくれるのは、理想ですよね(*´v`*)

2017/04/02 (Sun) 08:05 | ミルパパママ #- | URL | 編集
自分だけの時間を作るのは難しいですね

ミルパパアママさんへ

毎日お忙しくしてらっしゃるミルママは、ご自分だけの時間の管理
なかなか大変なんでしょうねー

ミルママは経営者の立場だから、お客様満足度を意識された
お仕事をされているのでしょうね

ワンチャンも、人間も同じですもの
お話が出来ないワンチャンの方が敏感なのでしょうか?

あらあら、わたしよりもお若いミルママは、これからですよー
スタイリストさんと仲良くなって髪の毛の悩みを聞いてくれて
アドバイスもくれるようになれば、座って何も言わずに
似合うスタイルにしてくれたら大満足ですよねー

2017/04/02 (Sun) 13:46 | ぴんくモッチー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。